やっぱロドリゲスのすこやか牧場 | ボカロで歌をつくってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by やっぱロドリゲス on  | 

ヒト羽根の青い鳥

作詞 作曲:やっぱロドリゲス

愁睡のピリオドを何年もかかって思い出すのは
遠い日が真実の結末を伝えたから

何もわからない 誰のせいだったのかすら
目に浮かぶ哀しみを指で掬い取ってみる

今さらに夢を見た日々 想い

初めての大きな靴で 誰も空を飛んで
知らない世界に青い鳥を放つ

大人になって嘘を憶えた時には
黄昏が粉々に引き裂くのに

一粒の星屑を拾ってはしゃいでいるだけ
想像つかない時間もきっといつか終わりは来て

倒れ込んだ指先に触れたミズ
その幹に苦く微笑むだけ 微笑むだけ

夜が通る 誰も一人にしないよ
君の為に大きな窓を開け
逃げていった

泣きたい時は一思いに泣いてよ
誰も責めることができないくらいに

雲が動いて 海岸線は下がって
私は今 寂しくて祈っている

スポンサーサイト

Posted by やっぱロドリゲス on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。